直すべき歯並び

人によって歯並びが違ってきますが、どのような症状が対象になっているのか知らない方が多いのも事実です。ですので、この機会に知識を得ておくとコンプレックスを打破することができるでしょう。

代表的な症例

出っ歯

上の前歯が二本だけ明らかに出ている場合は出っ歯という種類に当てはまります。これは日本人に多く見られており、人からからかわれることもあるので、インビザラインの治療をおすすめします。

受け口

顎が前に出ていて上の歯が引っ込んでいることを指しています。これだと、活舌が悪くてコミュニケーションを取りにくくなる原因にもなるので、治療を検討してみるといいかもしれません。

八重歯

日本では八重歯は可愛いと言われていますが、外国に行けば出っ歯や受け口と同じような扱いを受けることがあります。ですので、気になるという方は早めに治した方が良さそうです。

すきっ歯

歯と歯の間に隙間がある状態がすきっ歯と言われており、食べ物が詰まりやすくなっています。すきっ歯の状態ですと、ご飯を食べることさえ億劫になり兼ねませんので、治療を検討しましょう。

できない治療はない

上記のような症状であっても、最新のインビザラインなら治療を行なうことが可能となっています。ですので、諦めずに対応しているクリニックを根気よく探してみると良いでしょう。

ワイヤーレス

従来の方法ではワイヤーを通さなくてはなりませんでしたが、現代の方法ではマウスピースを歯にはめるだけで治療を進行することが可能となっています。ですので、不快感を覚えることなく治療に挑めます。

[PR]
新宿のクリニックでインプラントを!
失った歯を取り戻せると話題に

インビザラインが支持されている理由《利便性に長けている》

ティース

カウンセリング

新宿だけでなく南浦和の歯医者でも、インビザラインの治療を受けることが可能となっています。ですので、まずはカウンセリングを受けて、医師とじっくり話し合うと良いでしょう。その時に、期間や治療費の交渉、支払い方などを聞いておくべきです。また、インプラントの治療を受ける場合でも同様のことが言えます。

期間

インビザラインの治療期間は早ければ3カ月程度で終わりますし、歯並びが悪い方であっても2年で治療を完了することができるでしょう。ですので、時間を短縮したいならインビザラインの方法を試してみるのが得策です。

通院頻度

以前では1カ月に1から2回、ワイヤーが外れるたびに歯医者に行かなければなりませんでした。しかし、インビザラインなら2カ月に1回程度の通院でいいので、時間がない方でも気軽に治療をすることができるでしょう。

[PR]
名古屋で矯正歯科の予約
治療メニューをサイトで確認

[PR]
入れ歯を広島でお願い
かみ合わせで悩まない!

広告募集中